Prosele プロセレ製品紹介 Gobius ancestor ゴビアス アンセスター

prosele_logo_620.giflinkB-home.giflinkB-home.giflinkB-products.giflinkB-products.giflinkB-gallery.giflinkB-gallery.giflinkB-movies.giflinkB-movies.giflinkB-about.giflinkB-about.giflinkB-fasebook.giflinkB-fasebook.gif

ancestor-header.jpg

Tomu Wakabayashiプロデュース
ゴビアスシリーズ第1弾





ゴビアスの由来

アンチョビットシリーズは、アンチョビという名前の通り、ベイトを表しております。例えば、カタクチイワシ、サッパ、マイワシなどです。

これに対して、ゴビアスとは底生生物のこと。学名ではハゼ科の魚ですが、広い意味で海底に棲み捕食魚の餌となる生物をさし、コチやネズッポなども含みます。





Ancestor 80g

ancestor80colors.jpg



cbbc82d2-s.jpg

Ancestor 110g
ancestor110colors340.jpg


8cd9f55e-s.jpg

50b344c8-s.jpg























税抜価格
ancestor-price.gif



アンチョビットシリーズの生みの親
Tomu Wakabayashiの経験と
遊び心満載の新シリーズ

ゴビアス アンセスター

COLOR CHART  80g・110g150g


ancestor80-140.jpg

第1弾アンセスター

アンセスターとは先祖という意味です。シーバスのジギングが始まる前から行われていた伝統釣法「カッタクリ」をヒントにデザインされたので敬意を込めて命名しました。


個性を生かすフックセッティング

このジグは細い方がライン側、目の付いている方をテールにして使います。逆でも釣れなくはないですが、アンセスターの個性が出せません。
さらに、テスト釣行から魚種によってフックセッティングを変えることが、効果的であることがと分かりました。

ancestor020.jpgancestor006.jpg


80gの推奨セッティング

シーバス

フロントフック がまかつ アシスト58シングル#1/0
テールフック  がまかつ トレブル120#2

根魚(根がキツい時)

フロントフック がまかつ アシスト58ダブル#2/0
             アシスト63タイプF Mサイズ


ホウボウ、ヒラメ、コチ(砂地の根がキツくない時)

フロントフック がまかつ アシスト58ダブル#1/0 
        (若しくは、長めのアシストライン+小さめのフック)
テールフック  長めのアシストライン&小さめのフック

アシストフックを前後付けても、1日やって1回絡むか絡まないか、というテスト結果でした。
吸い込む力が少ない魚の場合は、小さいフックが有利です。

アクション

巻きがメインの釣りでは魚にジグを見せるスローのワンピッチが有効です。これは、スピニングでもベイトタックルでも可能です。
フォールがメインでしたら、しゃくったあとのフォールを多用すると非常に効果的です。ベイトタックルがオススメです。
また、巻きとフォールの組み合わせで広いレンジを探れば、さらに可能性が広がるでしょう。いろいろお試しください。


110g、150gの推奨セッティングとアクション

シーバス

フロントフック がまかつ アシスト58シングル#1/0
テールフック  がまかつ トレブル120 #2

ただ巻き、ただ巻きストップ、ファーストワンピッチ、ヨーヨー、中層フォール、ボトムフォールなど何でも対応出来ます。
伊勢湾シーバスの場合はリアフックシングル、もしくはアシストのみでも使えます。

タチウオ

フックは、ワイヤー系のアシスト&大きめのバーブレス3本or4本フック(活性に合わせて選びます)

上記シーバスでのアクションに加え、速さを変えることが肝です。渋い時はフォールアクションを多めに、群れが集中してる時や、食いが良い時はフォール時間を短くします。

真鯛、ブリ、ヒラマサ

フックは、カツイチDJ-88 ツインパイク 3/0 ワンフックがベストバランスです。
自作なら、デビルラインのアシストラインにカツイチJS-3パイクRをお勧めします。

ボトム〜中層でロッドティップを強めにしゃくり、長めにフォール。このアクションの繰り返しが魚のスイッチを入れます。具体的には、3回小さくしゃくり、4回目に強くしゃくり、1〜1.5mくらいフォールさせる感じです。特に、真鯛、ブリには絶大です。

ヒラメ、ホウボウ

フックは、アシストラインが長めの吸い込みやすい、小さめのものを使いましょう。

ボトム〜10m範囲をフォールアクションメインに。思ったより浮いていますので、5〜10mエリアを中心に攻めてください。

クエ(アラ)、アコウ(キジハタ)、ハタ類などの根魚

フックはカツイチDJ-88 ツインパイク 3/0 またはアシストラインがもう少し長いものが乗りが良いようです。魚が大きいようならサイズアップしてください。