Prosele Photo and Report Gallery プロセレ モニター&テスター レポート ギャラリー

prosele_logo_620.giflinkB-home.giflinkB-home.giflinkB-products.giflinkB-products.giflinkB-gallery.giflinkB-gallery.giflinkB-movies.giflinkB-movies.giflinkB-about.giflinkB-about.giflinkB-blog.giflinkB-blog.giflinkB-fasebook.giflinkB-fasebook.gif

Monitor & Tester Photo Gallery

プロセレモニター&テスターの釣果報告をご紹介します
Great Moments !
Congratulations !

3.jpg4.jpg2018年2月7日

プロセレテスター 山田聡

東京湾シーバスジギング釣行

船 本牧長崎屋
天気:晴れ時々曇り 潮:小潮  風:北西3~南東4m 波:ナギ 水温:8.5℃ 澄む

沖目のポイントはこのところ釣果が芳しくないとのことから、運河内の浅場からスタート(水深12~15㍍)。

魚探反応はポツポツと出ているものの、ボトム付近の反応が中心でやや固まり気味。
時折、中層への反応も入って来るがこちらは魚の動きが早い。今日は苦戦必至か?

捕食しているベイトは、ボトム反応=バチ、中層反応=ベイトフィッシュ…であると捉え攻略を試みる。
そんな中、比較的反応があったのがアンチョビットシャープ80gでした。

アンチョビットシャープはベイトがシコイワシの時や、魚が中層に浮いている時に無類の強さを発揮するが、
実はバチパターンでのボトム攻略にも非常に効果的です。
ボトム付近でのゆったりめのジャーク&フォールでシーバスの鼻先に流れてくるバチを演出します。

ボトム~中層とアンチョビットシャープ80gでしばらく釣りを続けるも今一つ数が伸びないので、
アンチョビット60g&80g、ゴビアスダイル80gとカラーを含め次々とローテーション。しかし魚からの反応は薄い。
こうなったら目先を変えて「暴れん坊投入!」ということで、超波動系のアンチョビットナゲット80gにチェンジ。
数投後、いいアタリが出て写真の59cmを追加。私にとってまだまだ(使い方の)謎の多いナゲットですが、
ワンポイントリリーフで今日はいい仕事しました!

その後、沖目のポイント(水深25~28m)も様子見に行ってみましたが、やはり事前の情報通りいつもより反応が乏しく、
ゴビアスアンセスター80gで辛うじて2本追加出来たただけで15時前に沖上がり。
結果、13本と今日の陽気同様にお寒い結果に終わってしまいました。。。
(船中4~19本でした)

いつもお世話になっている本牧長崎屋さん、私の釣友でありアンチョビット&ゴビアスファミリーのデザイナーである
「湾岸最強アングラー」TOMU若林氏の常宿でもあります。是非一度遊びに行ってみて下さい。
シーバスジギングに関するアドバイスやシークレット(?)なお話も伺えると思いますよ!

1.jpg2.jpg

201801kitahara01.jpg2018年1月20日

モニター北原典明
京都府舞鶴沖釣行

船  ノースポイント
出航 7時30分  帰港 17時

当日は晴の凪予報でしたが、ポイントの冠島に着いてみるとバタバタの海上で今にも雨が降りそうな天気で、しばらくして案の定雨が降り出す寒い日でした。
自分の釣り座はミヨシから2番目。水深70mラインからのスタートでカケアガリのエッジを攻めるように船は流れます。ベイトが5センチほどのイワシと聞いていたのですが、風もあり船も流れがあったのでシャープ180gを投入。3回ほど入れなおし、ボトムから20mほど巻いて船中ファーストヒット。幸先が良いと思ったら、すぐにバラシ。それからミヨシのアングラーが5本ほどかけている。自分はその間に4本続けてバラシ。ミヨシのアングラーは100g程のジグを5回早巻きからロングジャークのパターンでした。自分も真似をしてシャープ110gピンクブルーホロを投入。同じパターンを何回か試したんですがアタリすら出ない状態。その時に以前アドバイスを頂いた通り、スプリットリング、溶接リングは、水の抵抗を考え、出来る限り小さい方が、より良いアクションを再現が出来るということを思い出し、やってみることに。そしてパターンも丁寧なワンピッチに変えてみたら、すぐに答えが返ってきました。それから冠島周辺のポイントを14時まで攻めて船中7人でハマチサイズ65本程。自分は1シャープ110gピンクブルーホロで18本釣らせてもらい竿頭になることが出来ました。この日の冠島海域は、どの船もサイズは上がっていない状態でしたので、サイズに関しては次回のリベンジです。ただ冠島周辺は先ほど書いた通り、海上がバタバタで船酔い寸前状態でしたので写真を撮ることができませんでした。
冠島周辺に見切りを付け次はサワラサゴシ狙いに舞鶴湾口に移動。その頃には雨も上がっていて寒さも和らいでいました。水深は50m。海上は先ほどとうって変わって穏やか。船は少しドテラで流れている状態でした。自分自身、サワラサゴシ狙いは初めてでしたので不安がありましたが、すぐにシャープ110gピンクブルーホロが答えを出してくれました。最初に50センチほどのサゴシがフォールを意識した大きめのワンピッチにヒット。それからしばらくアタリが遠のいたので、最初に使っていたシャープ180gピンクホロサイドグローを投入。ボトム着底と同時に先ほどヒットのあったアクションを3回ほど入れると明らかにドンっと大きなあたり。慎重にあわせを入れて巻き上げると、この日の最大86センチの見事なサワラでした。これを最後にこの日は納竿でした。
この日を通して考えさせられたことは、タックルバランスの重要さでした。スイベルとフックを交換してからガラリと釣果は変わりました。小さな気付きが大きく釣果を分けたように感じます。船長さんからも最初のスランプが嘘みたいに変わったと言ってもらいました。改めてアンチョビット シャープの凄さを知ることができた釣行でした。次回はサイズも上げられるようにしたいです。

201801yamamoto02.jpg2018年1月19日

モニター山元
東京湾釣行

船 新山下 渡辺釣船店

お世話になります。
昨日、新山下の渡辺釣船店さんにてシーバスジギング半日船釣行に行ってきました。

釣果としては4尾しか釣れませんでしたが、その内の1尾が釣れたので、写真をメールさせて頂きます。
釣れた後に、このジグロストしてしまいました。すみません。

今後とも宜しくお願いします。

201801yamamoto01.jpg